太陽光発電と蓄電池のW設置で
電気の活用の幅が広がる!

太陽光発電と蓄電池の
W設置で電気の
活用の幅が広がる!

 高騰していく電気代を
削減し売電もできる!
蓄電池があれば
夜の停電にも対策できる!
蓄電池ではなく、
V2H設置という選択も!
高騰していく電気代を削減し売電もできる!
蓄電池があれば夜の停電にも対策できる!
蓄電池ではなく、V2H設置という選択も!

 

高騰していく電気代を削減し売電もできる!

高騰していく電気代を削減し売電もできる!

太陽光発電と蓄電池で自家消費して電気代削減

これからは『売電』より『自家消費』重視

太陽光で発電した電気を売る『売電』というものがあります。

日中に仕事で家にいない場合や、使いきれなかった電気を
売電に回して収入を増やすことができるのです。

しかし、それでお得なのは10年目まで。

売電を始めて10年経つと価格がグンッと下がってしまいます。
そして、電気料金は年々上がって行っている傾向です。

これから賢く太陽光発電を活用するなら
蓄電池に貯めて自家消費しつつ、
余った電力を売電する方法をおすすめします。

これからは『売電』より『自家消費』重視

太陽光で発電した電気を売る『売電』というものがあります。

日中に仕事で家にいない場合や、使いきれなかった電気を売電に回して収入を増やすことができるのです。

しかし、それでお得なのは10年目まで。

売電を始めて10年経つと価格がグンッと下がってしまいます。
そして、電気料金は年々上がって行っている傾向です。

これから賢く太陽光発電を活用するなら蓄電池に貯めて自家消費しつつ、余った電力を売電する方法をおすすめします。

太陽光発電と蓄電池で自家消費して電気代削減

蓄電池があれば夜の停電にも対策できる!

蓄電池があれば夜の停電にも対策できる!

夜に停電が起きても
蓄電池から給電が可能

翌朝、まだ復旧していなくても
太陽光発電で給電が可能

夜は蓄電池に貯まった電気を使って電気代削減

蓄電池があれば、日ごろから貯めている電気を
非常用電源として利用が可能。

日中は太陽光パネルで発電して、蓄電池に貯める

翌朝、まだ復旧していない場合でも、
太陽光発電システムがあれば電気は供給できます。

夜に停電が起きても
蓄電池から給電が可能

夜は蓄電池に貯まった電気を使って電気代削減

蓄電池があれば、日ごろから貯めている電気を非常用電源として利用が可能。

翌朝、まだ復旧
していなくても
太陽光発電で給電が可能

日中は太陽光パネルで発電して、蓄電池に貯める

翌朝、まだ復旧していない場合でも、太陽光発電システムがあれば電気は供給できます。

蓄電池ではなく、V2H設置という選択も!

蓄電池ではなく、V2H設置という選択も!

蓄電池ではなくV2Hで電気代だけでなくガソリン代も削減

EV車(電気自動車)をお持ちの方や検討されている方は、
蓄電池ではなく、V2Hを設置という選択もできます。

V2Hは蓄電池の機能もあり、EV車の充電機器にもなります。
電気代だけでなく、ガソリン代も削減ができます。

蓄電池ではなくV2Hで電気代だけでなくガソリン代も削減

EV車(電気自動車)をお持ちの方や検討されている方は、蓄電池ではなく、V2Hを設置という選択もできます。
V2Hは蓄電池の機能もあり、EV車の充電機器にもなります。
V2HとEV車導入で電気代だけでなく、ガソリン代も削減ができます。

太陽光発電システム・蓄電池の価格は下がっていっています!

今まで、「太陽光発電システムや蓄電池は高いから」という理由で導入をためらっていませんでしたか?

今、太陽光発電システムや蓄電池の価格は下がっていっています!

しかし、「下がったとはいえ、まだ高く感じる…」という方もいらっしゃると思います。

今なら、補助金を活用して導入することができます!

2021年度 再エネ省エネ機器導入補助金制度(札幌市)

補助対象者自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
対象設備

太陽光発電・定置用蓄電池

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、
 蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
 既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

補助金額

太陽光発電 …1kWあたり30,000円(上限:209,000円)

定置用蓄電池…1kWあたり25,000円(上限:100,000円)

公募日

第1回 2021年5月12日(水)~7月14日(水)
※抽選予定日7月21日(水)、取得日2021年4月1日(以降)

第2回 2021年9月1日(水)~11月4日(木)
※抽選予定日11月17日(水)、取得日2021年4月1日(以降)

2021年度 再エネ省エネ機器導入補助金制度(札幌市)

補助対象者
自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
対象設備

太陽光発電・定置用蓄電池

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

補助金額

太陽光発電
…1kWあたり30,000円
(上限:209,000円)

定置用蓄電池
…1kWあたり25,000円
(上限:100,000円)

公募日

第1回
2021年5月12日(水)~7月14日(水)
※抽選予定日7月21日(水)
 取得日2021年4月1日(以降)

第2回
2021年9月1日(水)~11月4日(木)
※抽選予定日11月17日(水)
 取得日2021年4月1日(以降)

ご家庭に合った太陽光と蓄電池をご提案いたします。

ご家庭に合った太陽光と蓄電池をご提案いたします。

家を買うタイミングで太陽光・蓄電池設置

新婚で家を買うので設置したい

子どものために太陽光パネルと蓄電池設置

子供がいるので災害対策に

子どもや孫に太陽光パネルと蓄電池を設置

子供や孫へこれからのために

お客様の暮らしに合った太陽光や蓄電池を複数のメーカー・商品の中からご提案いたします。

まずはお悩み事をお聞かせください。

家を買うタイミングで太陽光・蓄電池設置

新婚で家を買うので設置したい

子どものために太陽光パネルと蓄電池設置

子供がいるので災害対策に

子どもや孫に太陽光パネルと蓄電池を設置

子供や孫へこれからのために

 

お客様の暮らしに合った太陽光や蓄電池を複数のメーカー・商品の中からご提案いたします。

まずはお悩み事をお聞かせください。

電気自動車とV2Hで
完全な自家消費が実現!

V2Hについてはこちら

 

太陽光発電や蓄電池について
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

電気自動車とV2Hで完全な自家消費が実現!

V2Hについてはこちら

 

太陽光発電や蓄電池について
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

北海道全土で展開

創業から94年。電設資材の販売から74年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています。

創業から94年。電設資材の販売から74年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています