省エネに関する補助金情報

補助金情報一覧

【事業者向け補助金】

【ご家庭向け補助金】

 

令和2年度 大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業

公募受付期間:2021年(令和3年)6月8日(火)~7月22日(木)【終了いたしました】

公募受付期間
2021年(令和3年)
6月8日(火)~7月22日(木)
【終了いたしました】 

対象者

・民間および地方公共団体の業務用施設等
 (地方公共団体とは県や政令指定都市以外の市区町村)

・既存施設の導入や改修だけでなく、新築施設の設備の新設

対象設備機器高機能換気設備【導入必須】
 ※CO2濃度センサー搭載型の換気設備の導入をする場合は、審査時に加点対象となる
空調設備【任意】
(パッケージエアコン、ビル用マルチエアコン、ガスヒートポンプエアコン(GHP)、ルームエアコン等)
・電気設備【任意】
(分電盤・動力盤等)
・測定機器【任意】
(電力計等)
補助率補助率1/2(上限1,000万円)
公募日1次公募:令和3年3月16日(火)~4月27日(火)
2次公募:令和3年6月8日(火)~7月22日(木)
対象者

・民間および地方公共団体の業務用施設等
(地方公共団体とは県や政令指定都市以外の市区町村)

・既存施設の導入や改修だけでなく、新築施設の設備の新設

対象設備機器
高機能換気設備【導入必須】
CO2濃度センサー搭載型の換気設備の導入をする場合は、審査時に加点対象となる
空調設備【任意】(パッケージエアコン、ビル用マルチエアコン、ガスヒートポンプエアコン(GHP)、ルームエアコン等)
電気設備【任意】(分電盤・動力盤等)
測定機器【任意】(電力計等)
補助率
補助率1/2(上限1,000万円)
公募日
1次公募:令和3年3月16日(火)~4月27日(火)
2次公募:令和3年6月8日(火)~7月22日(木)

 

飲食事業者等感染防止対策補助金(北海道)

公募受付期間:2021年7月30日(金)~2021年11月19日(金)12月17日(金)まで延長

公募受付期間
2021年7月30日(金)~2021年11月19日(金)12月17日(金)まで延長

補助対象者

中小企業者で道内に店舗を有し、主たる業務において対面でサービスを提供する事業者
例)飲食店、キッチンカー、小売店、学習塾、エステサロン、スポーツジム等

補助対象経費 

1.飛沫感染予防対策:アクリル板、防護スクリーン等

2.接触感染予防対策:非接触体温計、サーモカメラ、非接触ソープディスペンサー等

3.換気による感染予防対策:空気清浄機(※要件有)、サーキュレーター、換気扇、CO2センサー

申請条件

1.業種別ガイドラインに基づく感染防止対策を実施していること。
2.事務局の制作したeラーニングを事前に受講し、感染防止対策に係る計画を策定すること。
3.事務局が行う現地確認調査に応じること。
4.補助対象として申請した備品等に関して、国、市町村等が実施する他の補助金等を申請・受給していないこと。
5.飲食事業者においては、飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること。

補助金額3/4 上限75,000円
公募日

2021年7月30日(金)~2021年11月19日(金)12月17日(金)まで延長

eラーニング受講期間 ※各回先着順
第1回目:2021年7月30日(金)〜8月13日(金)
第2回目:2021年9月1日(水)〜9月17日(金)11月30日(火)まで延長

補助対象者
中小企業者で道内に店舗を有し、主たる業務において対面でサービスを提供する事業者
例)飲食店、キッチンカー、小売店、学習塾、エステサロン、スポーツジム等
補助対象経費

1.飛沫感染予防対策
アクリル板、防護スクリーン等

2.接触感染予防対策
非接触体温計、サーモカメラ、非接触ソープディスペンサー等

3.換気による感染予防対策
空気清浄機(※要件有)、サーキュレーター、換気扇、CO2センサー

申請条件

1.業種別ガイドラインに基づく感染防止対策を実施していること。
2.事務局の制作したeラーニングを事前に受講し、感染防止対策に係る計画を策定すること。
3.事務局が行う現地確認調査に応じること。
4.補助対象として申請した備品等に関して、国、市町村等が実施する他の補助金等を申請・受給していないこと。
5.飲食事業者においては、飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること。

補助金額

3/4 上限75,000円

公募日

2021年7月30日(金)~2021年11月19日(金)12月17日(金)まで延長

eラーニング受講期間 ※各回先着順
第1回目:2021年7月30日(金)〜8月13日(金)
第2回目:2021年9月1日(水)〜9月17日(金)11月30日(火)まで延長

 

宿泊事業者感染防止対策等支援事業(北海道)

公募受付期間:2021年10月1日(金)~2021年12月24日(金)

公募受付期間
2021年10月1日(金)~2021年12月24日(金)

補助対象者

旅館業法の営業許可を受けた宿泊施設を北海道内に有する宿泊事業者
例)ホテル、旅館、簡易宿所

補助対象経費 

1.感染防止対策のための必需品購入

2.感染防止対策のための機器・備品の購入、リース料及び代行費用
  例)換気設備(換気扇、空気清浄機)、光触媒による抗菌化等除菌機能付きエアコン、人感センサー付き照明

3.ワークスペース整備によるテレワーク環境整備の導入

4.マイクロツーリズムの受入体制整備

5.ポストコロナを見据えたニューノーマルな旅行に関する受入体制整備

補助対象経費一覧はこちら(PDF)

補助金額

・特例分(令和2年5月14日~令和3年7月1日に支払を行った費用)…補助率1/2 上限500万円

・通常分(令和3年7月2日~令和3年12月31日に支払を行った費用)…補助率1/2 上限500万円 + 上乗せ1/4 上限250万円

公募日

2021年10月1日(金)~2021年12月24日(金)

補助対象者
旅館業法の営業許可を受けた宿泊施設を北海道内に有する宿泊事業者
例)ホテル、旅館、簡易宿所
補助対象経費

1.感染防止対策のための必需品購入

2.感染防止対策のための機器・備品の購入、リース料及び代行費用
例)換気設備(換気扇、空気清浄機)、光触媒による抗菌化等除菌機能付きエアコン、人感センサー付き照明

3.ワークスペース整備によるテレワーク環境整備の導入

4.マイクロツーリズムの受入体制整備

5.ポストコロナを見据えたニューノーマルな旅行に関する受入体制整備

補助対象経費一覧はこちら(PDF)

補助金額

特例分(令和2年5月14日~令和3年7月1日に支払を行った費用)
補助率1/2 上限500万円

通常分(令和3年7月2日~令和3年12月31日に支払を行った費用)
補助率1/2 上限500万円 + 上乗せ1/4 上限250万円

公募日

2021年10月1日(金)~2021年12月24日(金)

 

コールセンター企業向け換気対策等支援金(札幌市)

公募受付期間:2021年9月21日(火)~2021年12月28日(火)

公募受付期間
2021年9月21日(火)~2021年12月28日(火)

補助対象者

・市内でコールセンターを管理・運営し、引き続き操業する法人であること
・市内のコールセンターの従業員数が20人以上であること

補助対象経費 

以下に例示する備品等の購入費用として使用しなければなりません。
なお、この制度における「備品等」とは、使用可能年数1年以上のものを指し、取得価格は問わないものとします。
消耗品は除外します。

(例)
二酸化炭素濃度測定器、空気清浄機など、換気対策に資するもの

・座席の間仕切りを行うアクリル板など、飛沫感染防止に資するもの

・非接触型体温計やアルコール消毒噴霧器など、その他従業員の感染対策に資するもの

補助金額

一律10万円(1企業当たり)

公募日

2021年9月21日(火)~2021年12月28日(火)

補助対象者
  • 市内でコールセンターを管理・運営し、引き続き操業する法人であること
  • 市内のコールセンターの従業員数が20人以上であること
補助対象経費

以下に例示する備品等の購入費用として使用しなければなりません。
なお、この制度における「備品等」とは、使用可能年数1年以上のものを指し、取得価格は問わないものとします。消耗品は除外します。

(例)

補助金額

一律10万円(1企業当たり)

公募日

2021年9月21日(火)~2021年12月28日(火)

 

令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

公募受付期間:2020年3月13日(金)~2022年2月4日(金)【締切は随時更新されます】

【一般型】

補助対象者小規模事業者
・商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く):常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
・製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下
補助対象経費持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するもの
補助金額2/3(補助上限額 50万円)
公募日

第4回受付:~2021年2月5日(金)

第5回受付:~2021年6月4日(金)

第6回受付:~2021年10月1日(金)

第7回受付:~2022年2月4日(金)

第8回は随時お知らせします

補助対象者
小規模事業者
・商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く):常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
・製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下
補助対象経費

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するもの

補助金額
2/3(補助上限額 50万円)
公募日

第4回受付:~2021年2月5日(金)

第5回受付:~2021年6月4日(金)

第6回受付:~2021年10月1日(金)

第7回受付:~2022年2月4日(金)

第8回は随時お知らせします

 

2021年度 再エネ省エネ機器導入補助金制度(札幌市)

公募受付期間:2021年9月1日(水)~11月4日(木【終了いたしました】

補助対象者自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
対象設備

太陽光発電・定置用蓄電池

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、
 蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
 既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

補助金額

太陽光発電 …1kWあたり30,000円(上限:209,000円)

定置用蓄電池…1kWあたり25,000円(上限:100,000円)

公募日

第1回 2021年5月12日(水)~7月14日(水)
※抽選予定日7月21日(水)、取得日2021年4月1日(以降)

第2回 2021年9月1日(水)~11月4日(木)
※抽選予定日11月17日(水)、取得日2021年4月1日(以降)

補助対象者
自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
対象設備

太陽光発電・定置用蓄電池

※蓄電設備(定置用蓄電池、EV<電気自動車>)と接続することが条件となり、蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助対象外。
既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込み可能。

補助金額

太陽光発電
…1kWあたり30,000円
(上限:209,000円)

定置用蓄電池
…1kWあたり25,000円
(上限:100,000円)

公募日

第1回
2021年5月12日(水)~7月14日(水)
※抽選予定日7月21日(水)
 取得日2021年4月1日(以降)

第2回
2021年9月1日(水)~11月4日(木)
※抽選予定日11月17日(水)
 取得日2021年4月1日(以降)

 

次世代自動車購入等補助金制度(札幌市)

公募受付期間:2021年4月1日(木)~2022年2月28日(月)

補助対象者自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
補助対象経費

V2H

・ニチコン(ZHTP1580R)…193,000円
・ニチコン(ESS-V1)…250,000円

補助金額本体購入価格の1/3(上限25万円)
公募日

2021年4月1日(木)~2022年2月28日(月)

補助対象者
自宅に対象機器を購入・設置される札幌市民
補助対象経費

V2H

・ニチコン(ZHTP1580R)…193,000円
・ニチコン(ESS-V1)…250,000円

補助金額
本体購入価格の1/3(上限25万円)
公募日
2021年4月1日(木)~2022年2月28日(月)

詳しくはお問い合わせください

北海道全土で展開

創業から95年。電設資材の販売から75年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています。

創業から95年。電設資材の販売から75年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています