LED照明交換はひとつ間違えると大事故!?照明交換で注意すべきこととは…

発煙

発火

感電

落下

原因

・LEDランプ種別選択の誤り・施工方法の間違い
・器具(ソケット)の絶縁性能不足
・継続使用した安定器の劣化 など

原因

・通電しながらのランプ交換

原因

・継続使用したソケットの劣化
・ランプの質量超過
・異常発生時のソケットの熱変形

発煙

発火

原因

  • LEDランプ種別選択の誤り・施工方法の間違い
  • 器具(ソケット)の絶縁性能不足
  • 継続使用した安定器の劣化 など

感電

原因

  • 通電しながらのランプ交換

落下

原因

  • 継続使用したソケットの劣化
  • ランプの質量超過
  • 異常発生時のソケットの熱変形

LED照明は照明器具と合ったものを付けましょう

  

『ランプだけを交換すればずっと使える』と思われている方、お気をつけください。

照明器具は10年経てば黄信号、15年経ったら赤信号です。
ランプ以外の照明器具も目に見えないだけで、劣化しています。

 

  • 焦げ臭いにおいがする
  • ソケット部分が変色している

照明器具の安定器の熱で焦げている様子

安定器が発する熱による
ラベル焦げ付き

 

  • ランプが黒化している
  • 原因不明の故障の増加

照明器具の寿命により焦げ付いた安定器

焦げ付いた安定器の内部

 

  • ランプ交換回数の増加
  • ランプのちらつき増加

照明器具の寿命により、不具合を起こし発火した安定器

発火した安定器

 

これらの現象が起きている場合は安定器の寿命が間近の状態です。

北海道全土で展開

創業から95年。電設資材の販売から75年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています。

創業から95年。電設資材の販売から75年。
パナソニック、東芝、三菱電機、シャープをはじめとする様々なメーカーの電気機器や照明器具を中心とした電設資材をお客様にご提供しています