地域エネルギー産業参入促進事業による省エネ等改修事業

地域エネルギー産業参入促進事業による省エネ等改修事業

我々がコンソーシアムを円滑かつ安全に工事遂行できる理由

電設資材福祉機器を取り扱う会社であることから多くのメーカーとの取引きがあり、省エネルギーに関する情報をより早く取り入れることが可能で、その情報をもとにお客様に最適な提案をご提供致します。

札幌高等技術専門学院様省エネ等改修事業内容

工事人数、日数

棟名部屋名取替台数施工人数日数備考
1灯式2灯式
管理棟職員室4
プリプレス室(Ⅰ)212センサー取付含む
プリプレス室(Ⅱ)29センサー取付含む
実習棟電子印刷科実習場4821
精密機械科実習場8761
NC機械室20
金属加工科実習場50
建築技術科実習場7541
エクステリア技術科実習場54
建築設備科(Ⅱ)パソコン室53721
電子工学科実習場5731
応用実験コーナー34
実習棟センター執務室226311灯式4台撤去
実習場全般41一括スイッチ取付
全館全館トイレ(体育館除く)センサー取付
全館分電盤ほか62エネルギーモニター設置
調  整  日(啓発活動含む)22
合                計3612

冬休み期間及び放課後の時間に施工を行うことで、作業員の休日を確保し休日勤務に伴なう施工コストを削減します。

①設計及び施工

工事内容

棟名部屋名数量工事内容
1灯式2灯式
基本工事管理棟職員室G-HF63W型照明器具への取替え
プリプレス室(Ⅰ)212G-HF63W型照明器具への取替え
プリプレス室(Ⅱ)29G-HF63W型照明器具への取替え
実習棟電子印刷科実習場48G-HF63W型照明器具への取替え
精密機械科実習場87G-HF63W型照明器具への取替え
NC機械室20G-HF63W型照明器具への取替え
金属加工科実習場50G-HF63W型照明器具への取替え
建築技術科実習場75G-HF63W型照明器具への取替え
エクステリア技術科実習場54G-HF63W型照明器具への取替え
建築設備科(Ⅱ)パソコン室537G-HF63W型照明器具への取替え
電子工学科実習場453G-HF63W型照明器具への取替え
応用実験コーナー34G-HF63W型照明器具への取替え
提案工事実習棟センター執務室26G-HF63W型照明器具への取替え旧黒板灯(1灯用)4台撤去
全館男子・女子WC、多目的WC人感センサー取付け(体育館を除く)
管理棟プリプレス室(Ⅰ)人感センサー取付け
プリプレス室(Ⅱ)人感センサー取付け

1 既存照明器具(FLR40W)をWエコ(G-Hf63W)に取替え

・・・消費電力の削減!蛍光管の数は半分に!

2 センター執務室の照明器具(FLR40W)をWエコ(G-Hf63W)に取替え

・・・消費電力の削減!蛍光管の数は半分に!

3 学院内のトイレに人感センサーを設置

・・・消し忘れによる消費電力の削減!

4 プリプレス室(Ⅰ)(Ⅱ)に人感センサーを設置

・・使用時以外は点灯しない!

機器経済比較表

使用機器FLR40W型Hf32W型削減値削減率
消費電力(Kwh)48,925.140,692.28,232.9Kwh

約16.8%

電気料金(円)1,027,422854,971172,451円
CO2排出量
(t-CO2/年)
21.117.543.56t-CO2/年
使用機器FLR40W型G-Hf64W型削減値削減率
消費電力(Kwh)48,925.132,505.916,419.2Kwh約33.5%
電気料金(円)1,027,422684,597342,825円
CO2排出量
(t-CO2/年)
21.113.997.11t-CO2/年

環境配慮型照明器具 Wエコ

省エネルギーダブルでエコ省資源
初期照度補正初期照度補正機能でランプ交換初期の明るさを抑え、設計照度の明るさを一定に保つことで消費電力を削減します。
高効率Wエコは従来器具の約2倍のパワーだから1灯でHf2灯分の明るさがあります。だから、ランプを半分に減らせます。
wエコ比較表wエコ比較表

センサでもっと省エネ!

消し忘れ 防止照明器具一斉点灯/消灯トイレ及びプレプレス室Ⅰ・Ⅱに設置することで消し忘れを防止し、人が居ない時間の点灯時間を減らします。
かしこく 省エネ明るさセンサーで周りが明るいと点灯しない周囲が明るい時は点灯せず、センサー検知後の点灯時間調整も可能で更に省エネ実現が可能です。

トイレ入口トイレ内こんな感じで 電気代、CO2を削減!
プリプレス室トイレ内

省エネ効果(試算)

トイレ5ヶ所の消費電力=1,390W
※FLR40*2(78W) 2台 FLR40*1(45W) 22台 FLR20(20.5W)*1 12台

年間203日の訓練日数とした場合

1,390W×1,624h÷1,000=2,257Kwh

約75%の省エネ

年間電気代:約35,550円の節約

1,390W×406h÷1,000=564Kwh

長期信頼性及びアフターサービス

この度の提案に伴ない主要メーカーの機器を比較検討した結果、当コンソーシアムはパナソニック電工株式会社の機器で統一、その理由は下記の通りです。

1 製品のバリエーションが広く、機器選定に幅がある

2 1年間のメーカー保証期間がある

3 安定器については3年間のメーカー保証がある

4 部品供給については、製品の製造中止後5年間可能である

5 使用メーカーを1社に統一することで、アフターサービスなどの窓口を一本化できる

また、当コンソーシアムの幹事企業は、防災設備を取り扱っていることから、24時間体制をとっており夜間休日を問わずトラブル発生時の対応が可能です。

省エネ・改修工事に伴う コンソーシアム提案はお任せください

札幌市を拠点に営業所を展開!

弊社では、太陽光発電、省エネ提案、電気工事、リフォーム等、
住宅・施設・店舗に関わる様々な取り組みを行っております。
お困りの際はお気軽にご相談ください